• 葬儀とは人生で最も大切な儀式です

    葬儀とは故人の冥福を祈り、別れを告げる儀式で、仏式ならばお通夜から告別式、及びそれに続く四十九日までの法要を含む一連の儀式をいいます。

    葬儀について興味がある方にオススメのサイトです。

    遺族と近親者が故人を成仏させるために行う儀式です。

    死生観や宗教の違いあるいは地方によってその流れや形式が異なることはあっても故人の冥福を祈り、丁重に弔うということでは共通のものです。
    最近では故人の意思を尊重しての家族葬等、葬儀の様式も多様化しています。

    葬儀は故人の冥福を祈る一方で、残された者にとっては、故人のいなくなった今後のことについて思い、心を整理する機会でもあります。



    通夜は故人と生前親しかった友人や知人が弔問に訪れて、故人の家族や親戚と共に故人と最後の別れを惜しむ儀式です。
    本来は夜通しで行割れたことから通夜と呼ばれていますが、近年では告別式に出席できない人のお別れの場との認識が一般的になってきています。

    告別式は、故人に最後の別れを告げる儀式です。
    友人、知人等の会葬者にとっては故人と過ごす最後の時間です。



    葬儀を密葬で行い、後日お別れの会等を開くことも行われています。

    会葬者は故人の冥福を祈り、故人にお香を御供えする意味で香典を持参するのが習慣になtっています。香典には葬儀を行う人を金銭面から支えるという意味もあります。
    告別式が済むと遺族、近親者が参列して荼毘にふし、御骨を前にしてお参りをした後、故人にかわって感謝を表す形として、参列者に食事をふるまう法要が行われます。

    宗派や地域にもよりますが、四十九日の法要をもって一連の儀式は終了となります。