• 葬儀にはどんな種類があるのか

    葬儀にはさまざまな種類があり、予算や事情などに合わせて選ぶことができます。
    なので、選ぶ際はあらかじめその種類について知っておくと役に立つでしょう。
    まず、従来からよくあるスタイルとしては「一般葬」が挙げられます。

    今すぐ使える葬儀関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

    大勢の会葬者を呼ぶのが特徴であり、費用は他のスタイルのものと比べると高くなる傾向にあります。

    しかし、一度に多くの方とご挨拶ができるため、後日自宅へ会葬に訪れる方が現れるという心配はないと言えるでしょう。

    次に、最近主流になってきているスタイルとしては「家族葬」が挙げられます。

    身内だけの少人数で行うのが特徴であり、一般葬のように大勢の会葬者の対応をしなくて済むというメリットがあると言えます。



    そして人数が少ない分、葬儀費用を節約することが可能です。


    さらに挙げられるスタイルは「一日葬」です。



    普通であれば二日かけて行われる葬儀を、通夜を省くことで一日に短縮するというのが特徴であり、体力的に二日間の日程が厳しい場合などに向いています。
    費用に関しては、家族葬より安く済ませることができることが可能です。


    そして、最も安く済ませられるスタイルとしては「火葬式」が挙げられます。通常行われる儀式を全て省いて火葬だけを行うというのが特徴であり、10万〜30万円程度という格安の費用で済むのが最大のメリットです。なので、できるだけ費用を抑えたい場合に向いているほか、故人が高齢のため会葬者がほとんど見込めないような場合にも向いていると言えるでしょう。