• 費用を安くできるお葬式のスタイルとは

    お葬式には高額な費用が必要になるのが普通であり、平均的には総額で200万円程度、そして葬儀本体は120万円程度かかると言われています。
    しかし経済的な理由から、そんなに高額な費用は用意できないという方も少なくないでしょう。

    葬式関連の情報をたくさん掲載しています。

    そこで知っておきたいのが、安く済ませられるお葬式のスタイルです。
    まず、一般的な葬儀よりもやや安く済ませられるスタイルとしては「家族葬」が挙げられます。


    家族や親戚などに参列者を限定した小規模スタイルで行うのが特徴であり、規模が小さい分安く済ませることができます。
    葬儀本体費用に限って言えば50万〜100万円程度で行うことが可能だと言えるでしょう。
    次に挙げられる安い葬儀スタイルは「一日葬」と呼ばれるものです。
    葬儀は通常、告別式の前日に通夜を行うため、合計二日間に渡って行われますが、一日葬は通夜を省略することで葬儀日程を一日で済ませることができます。


    そのため、日程が短縮された分だけ葬儀費用も安くなるというわけです。実際の葬儀本体費用に関しては、30万円程度が相場だと言われています。さらに、一番安い葬儀スタイルとして挙げられるのは「直葬」です。

    直葬は火葬式とも呼ばれ、文字通り火葬だけを行うスタイルになります。


    実際の費用は20万円程度が相場だと言われていますが、中には10万円を切るケースもあります。



    ただし極端に安い場合はオプション料金が別にかかる場合もあるため、何にいくらかかるのかということについての事前の確認が必要でしょう。